ホーム > クレジットカード現金化 > クレジットカードのショッピング枠現金化について

クレジットカードのショッピング枠現金化について

多重債務者の増加を防ぐための方策として、個人向けの融資については総量規制が導入されています。総量規制とは、貸金業者からの借入額の上限を年収の3分の1までとする規制になります。なお、この規制については金融機関からの融資は対象外となりますので、銀行などからの住宅ローンや自動車ローンについては総量規制の対象外となります。また、近年銀行が力を入れている個人向けの小口融資である銀行カードローンも総量規制の対象外となります。そのため、実際の対象となるのは、消費者金融や信販会社からのキャッシングの上限ということとなります。こうした総量規制に引っ掛かって消費者金融からの借入枠が増やせない状態で、急に現金が必要になった際に、緊急避難的に現金を得る方法として知られているのが、クレジットカードのショッピング枠現金化です。クレジットカードのショッピング枠を利用して、出来るだけ換金性の高い商品を購入し、購入後すぐに転売をすることによって、現金を得るという方法です。場合によっては、一般のキャッシングよりも実質的に低い金利で現金を手にすることができる場合もあります。しかし、クレジットカード本来の利用目的とは異なる方法であるため、どうしても急に現金が必要になった際の最期の方法であるという認識をしておく必要はあります。また、当然のことながら一定期間後にはクレジットカードの引き落としがありますので、それまでに資金を用意しておく必要があります。

http://www.spd.link/